目で見る真菌症シリーズ 11
- 対岸の火事ではない? 深在性真菌症 -

 真菌は私たちの環境中のいたるところに棲息しています。その中には免疫力(体を守る働き) が低下した患者さんに非常に重い感染を引き起こすものもあります。ただし、免疫力が正常な 健康人にふつうはこのようなことは起こりません。
 でも…ほんとうに大丈夫なのでしょうか?


図1:アスペルギルス・フミガーツスの分生子頭(本センターホームページ「真菌・放線菌ギャラリー」より)。 肺真菌症の原因菌としては最も多い種である。
図2:肺結核後遺症をもつヘビースモーカーに発症した肺アスペルギルス症の肺CT写真。この患者には全身的な免疫低下は認められなかった。

Q. 深在性真菌症ってなんですか?
A. 真菌による感染症で最も身近で、しかも頻度が高いのはミズムシです。これは感染する場所が体表に局在しているため、表在性真菌症と呼ばれています。
 それに対して、真菌が肺、肝臓、腎臓、脳など、体の深部に入り込んで感染を起こすような状態を深在性真菌症といいます。おもに骨髄移植・臓器移植を受けた後や、ステロイドや免疫抑制薬を投与されているような、免疫力が低下している患者さんに起こることがある感染症で、診断が遅れた場合は治療がとても難しい病気です。

Q. 免疫力が低下している状態でなければ深在性真菌症は起こらないと考えていいのでしょうか。
A. 実はそうでもないのです。
海外の一部の地域に棲息している真菌の中には健康な人にも深在性に感染を起こすものもあります。ですから、海外旅行を計画するときは、旅行する地域についての正確な情報を手に入れましょう(詳しくは「目で見る真菌感染症シリーズ6 輸入真菌症」をご覧下さい)。
 また、海外旅行などとは関係なく、健康な人の肺などにも感染する真菌も国内に存在します。さらに、肺にもともと基礎疾患があるような人では、通常は免疫力が低下している人に感染することが多い真菌(例えば、アスペルギルス属菌など)の胞子が呼吸によって肺の奥に吸入され、そのまま感染を起こしてしまう例もみられます。

Q. 肺の基礎疾患というのはどういうものですか。
A. たとえば昔結核や肺炎にかかったことがあって肺に空洞、気管支の拡張などの後遺症が残っている場合、ヘビースモーカーで肺気腫となってしまっている場合などです。
このような状態では健康な肺にはもともと備わっている防御システムが十分に働かなくなってしまっています。真菌だけでなく他の微生物(ウイルス、細菌、結核など)にも冒されやすいため、注意が必要です。

Q. どんな症状が出るのですか。
A. アスペルギルス症をはじめとした肺真菌症には様々な病型があり一概には言えませんが、発熱、胸痛、咳、血痰または喀血などを起こすことが多いようです。
深在性真菌症は早期発見・早期治療が重要です。上に挙げたような肺の基礎疾患を持っている人がこのような症状が出現してきたときには、速やかに専門医の診察を受けることをお勧めします。
また全く自覚症状がないまま肺に感染を起こす例もありますので、定期的に健康診断や人間ドックを受けましょう。

Q. 非常に怖いですが、何か対策はありますか。
A. はじめにも述べた通り、アスペルギルス属菌をはじめとする病原性真菌(人に病気を起こす可能性のある真菌)は私たちの暮らしている環境中の至るところに棲息していますので、これらの真菌を全く吸入せずに生活をすることは不可能です。
ただ、吸入の機会、吸入する胞子の量を減らすことは感染に対するある程度の対策にはなりますので、廃屋、屋根裏、地下室、建築現場などの埃やカビの多い場所は可能な限り避けるほうがよいでしょう。どうしてもそのような場所に行かなければならないときは専用の感染防御マスク(N95 マスク)の着用をお勧めします。

Q. 診断してもらうためには、どんな診療科を受診すればいいのですか。
A. 上に述べたような深在性真菌症は多くの場合まず肺に病巣を作りますので、呼吸器科を受診するのがよいでしょう。
最近は感染症科が設けられている病院も増えておりますので、そちらを受診してもいいかもしれません。なお、真菌医学研究センターには外来や病棟はありませんので直接診療することはありませんが、各医療機関と連携して診断・治療のお手伝いをしております。主治医の先生からのご相談はお受けしておりますので、ご心配の方はまずはお近くの医療機関を受診していただき、主治医とよくご相談ください。

【連絡先】 千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野 043-226-2491
亀井 克彦(k.kamei@faculty.chiba-u.jp)、渡邉 哲(fewata@faculty.chiba-u.jp)
<< 第10回へ | 第12回へ >>