臨床
Home > 臨床 > 特殊検査のご案内

特殊検査のご案内

真菌症コンサルテーション:深在性真菌症の診断、治療等に関わる相談

臨床感染症分野では、医療機関からのご依頼により、真菌症のコンサルテーションおよび下記のような真菌症の検査を受け付けています。いずれの場合も主治医との直接のご連絡が必要です。一般の方からのご依頼は受け付けておりませんのでご了解ください。

以上のお問い合わせ先

※一般の方からのお問い合わせは御容赦下さい。
千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野 亀井克彦
Tel: 043-222-7171 (代表) 亀井へつなぐようお申し付け下さい。
E-mail: ←お手数ですが手入力で送信して下さい。

真菌症検査:真菌症に関するさまざまな検査を受け付けています

1) 原因真菌の同定とMIC測定

  1. 各種の深在性真菌症の原因菌を対象として、同定とMIC測定を行っています。
  2. 輸入真菌症の原因菌(コクシジオイデス症、ヒストプラズマ症、パラコクシジオイデス症、ブラストミセス症、マルネッフェイ型ペニシリウム症等)を対象として、同定を行っています。

    これらの菌は危険性が高いため、検体を採取する前にご相談ください。

2) その他

BALFや生検組織を用いた遺伝子診断、病理組織学的検査などを行っています。

3)抗体検査

以下の疾患の抗体検査を行っています。

  1. アスペルギルス症
  2. 輸入真菌症:コクシジオイデス症、ヒストプラズマ症、パラコクシジオイデス症など
  3. スエヒロタケによるアレルギー性疾患(アレルギー性気管支肺真菌症など)
以上のお問い合わせ先

※一般の方からのお問い合わせは御容赦下さい。
千葉大学真菌医学研究センター 臨床感染症分野 亀井克彦
Tel: 043-222-7171 (代表) 亀井へつなぐようお申し付け下さい。
E-mail: ←お手数ですが手入力で送信して下さい。

病原放線菌の検査

  1. 病原放線菌の同定とノカルジアのMICの測定を行っています。
  2. 表在性真菌症の原因菌の同定とMIC測定を行っています。
以上のお問い合わせ先

上記の放線菌、皮膚由来の真菌に関するお問い合わせ先
※一般の方からのお問い合わせは御容赦下さい。
千葉大学真菌医学研究センター バイオリソース管理室
Tel: 043-222-7171 (代表) 矢口へつなぐようお申し付け下さい。
E-mail:yaguchi [at]chiba-u.jp ←お手数ですが手入力で送信して下さい。