ナショナルバイオリソース
Home > ナショナルバイオリソース

ナショナルバイオリソース

ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)病原微生物

ナショナルバイオリソース イメージ

文部科学省では2002年度からナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)を開始し、国が戦略的に整備することが重要なバイオリソース(生物遺伝資源)について体系的に収集、保存、提供などを行うための体制を整備してきました。その後5年ごとの見直しを行い、2017年度より第4期が開始されました。

NBRP「中核的拠点整備プログラム−病原真核微生物−」では、千葉大学真菌医学研究センター(病原真菌・放線菌)と長崎大学熱帯医学研究所(病原性原虫)は細菌グループも含めた関係機関と連携を図り、病原微生物株の収集・保存・提供体制を整備します。また、基準(標準)株や新鮮かつ重要な臨床分離株に対し、遺伝子情報や薬剤耐性等についての信頼できる高度情報を賦与し、安定した提供を実施することで、感染症と病原体の教育・研究をする人々を支援します。

これにより、今後いかなる感染症が発生しても対応できる病原微生物コレクションを目指します。


NBRP「病原微生物」体制図

保存(年間増加株数)

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 累計
真菌 575 664 514 900 517 21,594
放線菌 81 102 111 106 109 2,796

提供(件数(株数))

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
真菌 106(1,584) 98(1,266) 97(1,300) 87(845) 128(1,429)
放線菌 13(322 13(133) 12(36) 13(38) 12(113)
うち、DNA 2(23) 3(16) 2(5) 4(14) 2(8)

病原真菌・放線菌のご利用について

千葉大学真菌医学研究センターで収集・保存している菌株は、教育や研究、さらには医薬開発などにもご利用していただけます。

提供可能な菌株の情報は、病原真菌・放線菌カタログ(https://daphne.pf.chiba-u.jp/distribution/catalog)から検索し、ご注文を行うことができます。ご注文方法の詳細はカタログのトップページ下部にある「価格・利用方法」からご覧ください。菌株の分譲代金のお支払いは、銀行振込かクレジットカード決済のどちらかをご選択いただけます。(海外からの場合はクレジット決済のみ。)

菌株の選択や分譲手続きについては、バイオリソース管理室(代表メール:bioresource[at]ml.chiba-u.jp [at]を@に置き換えてください または電話:043-226-2788)まで、お気軽にお問い合わせください。

分譲価格

大学・教育機関・国公立試験機関 10,000円/1株
その他の民間試験研究機関 20,000円/1株
DNAでの提供 上記の価格の1.5倍

※価格は送料込み、税込みです。

※DNAでの提供は培養してから抽出しますので、発送までに2週間程度かかる場合があります。